コンディショニング, サッカーの話

準決勝第2戦はまさに死闘と呼べるものでした。120分では決着がつかず、PK戦までもつれ込み、アルゼンチンが勝利を収めました。

オランダ、ルイ・ファンハール監督は120分で決着をつけるべく交代枠を全て使い切るという決断をしま ...

コンディショニング, メディカルスタッフ

【現象を選手のアクションで表す】

さて、それではちょっと前の記事からの続きです。【サッカーの言葉】というのがテーマでした。サッカーの言葉を使ってサッカーのピッチで起こったことを表す、とはどういうことなのでしょうか?

サッカー ...

コンディショニング

先週の水曜から日曜にかけて、「サッカーのピリオダイゼーション」理論のMentorshipコースを受講してきました。5日間、朝から晩までぶっ通しで同理論の全てを扱った、なかなかタフなコースでした。

「サッカーのピリオダイゼー ...

コンディショニング

スポーツに緊張はつきものです。どんなにリラックスしてプレーしていても、多かれ少なかれそこには緊張が生まれています。そして、そのスポーツの舞台がより大きなものになればなるほど、選手にかかるプレッシャーというものはより大きくなっていきます ...

コンディショニング

トレーニングにおける生理学的原理のひとつに、【過負荷の原理】というものがあります。

これは、トレーニング効果というものは自身の身体が慣れているレベル以上の負荷を与えないと、得られないという原理です。そしてその身体への刺激と ...

コンディショニング

トレーニングには原則というものがあります。なんでも思いつくままに時間とお金と労力をかけてトレーニングをすれば、きちんとした効果が得られる、というわけでもないのです。

そこで今回は、トレーニングプランを構築するうえで基本とな ...

コンディショニング

話は3月の上旬までさかのぼりますが、現オランダ代表でイタリアのセリエA、ASローマに所属するケビン・ストロートマンが左膝前十字靭帯損傷により、W杯出場が絶望的になるという出来事がありました。

このブログでも、前十字靭帯につ ...

コンディショニング, メディカルスタッフ, 理学療法

前回の記事では、以下の記事を読んで、育成年代にテーピングをして痛みを我慢させた状態でプレーするとどうなるか、ということについて書きました。

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤ ...

コンディショニング, メディカルスタッフ, 理学療法

今日はこんな記事を読んだので、そのことについて書きたいと思います。

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その4) | フットボール ...

コーディネーション, コンディショニング, 理学療法

前回の記事で、フィテッセのテオ・ヤンセン選手が術後4ヶ月での早期復帰後、再び練習中に膝を痛めてしまい、病院に搬送されたことについて書きました。

なぜACL術後4か月でGoサインが出たのか?| フットボールノコトバ。 ...

PAGE TOP