理学療法

前回の記事で、右脳の機能の中にある、「自動的動作=無意識的に動作を行うときは、右脳の働きによる」という書き方をしました。

論理的な左脳と感覚的な右脳 その働きについて| フットボールノコトバ。

 

理学療法

最近、学業では中枢神経系のことを扱うことが多いので、その辺に関することも少しずつまとめて行きたいと思います。

とはいえいきなり専門用語だらけになるのもどうかと思うので、まずは割となじみのある脳の働きから整理して行こうと思い ...

理学療法

理学療法における治療の一つに運動学習というものがあります。それは、例えば怪我によってできなくなった運動を再獲得する場合や、それまで間違った方法で運動を行っていたために腰痛などの症状が現れた場合、その間違った方法を修正し正しい運動を身に ...

コンディショニング, メディカルスタッフ, 理学療法

前回の記事では、以下の記事を読んで、育成年代にテーピングをして痛みを我慢させた状態でプレーするとどうなるか、ということについて書きました。

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤ ...

コンディショニング, メディカルスタッフ, 理学療法

今日はこんな記事を読んだので、そのことについて書きたいと思います。

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その4) | フットボール ...

メディカルスタッフ

今回はサッカーの試合における【脳震盪】についてです。その対応を知っていると知らないとでは大きな違いです。実際に試合や練習で発生することも珍しくありませんから、いざという時にきちんと対応出来るよう、準備しておきましょう。

【 ...

コーディネーション, コンディショニング, 理学療法

前回の記事で、フィテッセのテオ・ヤンセン選手が術後4ヶ月での早期復帰後、再び練習中に膝を痛めてしまい、病院に搬送されたことについて書きました。

なぜACL術後4か月でGoサインが出たのか?| フットボールノコトバ。 ...

コンディショニング, 理学療法

今回はオランダサッカー界のとあるニュースからです。

日本代表でおなじみ、マイク・ハーフナー選手が所属するフィテッセの選手の一人、テオ・ヤンセン選手が膝の怪我明けでサテライトチームの練習に参加したその日に、再び同じ膝を痛めて ...

コーディネーション, 理学療法

コーディネーションという言葉も、近年ではあまり珍しくなくなってきました。筋力トレーニングやスタビリティトレーニングと同様に、一つのトレーニングすべき分野として注目されています。さまざまなスポーツで必要とされるコーディネーションについて ...

PHYSIO, 理学療法

皆さんはスタビリティという言葉をご存じですか?

【コア・スタビリティ】だったら、聞いたことのある人はいるのではないでしょうか?インテルの長友選手のコア・スタビリティトレーニングなどが話題になりましたよね。

身体 ...

PAGE TOP