風邪にかかった時に気を付けたい5つのコト

風邪 薬 マスク

前回の記事では、風邪を予防するために気を付けたいことについて書いていきました。

 

風邪の予防のために気を付けたい5つのコト| フットボールノコトバ。

 

ところが残念なことに、どんなに気を付けても風邪を引いてしまうってこともあります。そこで今回は、できるだけ早く治すために気を付けたいことを、ポイントを絞ってまとめてみました。

 

1.風邪薬に頼り過ぎない

風邪を引いても薬を飲んどけば大丈夫♪、なんてことはありません。風邪薬はあくまで症状を和らげたりするのが目的で、薬の成分がウイルスをやっつけてくれるわけではありません。風邪を治すのは自身の身体の自然治癒力ですので、その勘違いにはお気を付けください。

 

2.発熱も必要な現象

風邪を引いて身体がだるくなる原因の一つに、発熱があります。この発熱というのは、ウイルスが熱に弱いということを身体が理解していてわざと身体の体温を上げているので、無理に下げようとする必要はありません。解熱剤を服用しすぎると治りが遅くなるとも言われていますので、よほど高熱をおしてでも活動しなければいけない時以外は、ほどほどにしておきましょう。ちなみに解熱剤を用いる目安は大人が38℃、子どもは38.5℃と言われています。

 

3.無理やり汗をかかない

これもよく行われがちですが、汗をたくさんかけば治りが早くなるということは、残念ながらありません。むしろ脱水症状を引き起こしかねません。もちろん寒気を感じた時は適度な保温は必要ですが、無茶な厚着は禁物なのと、汗をかいたらなるべく着替えるのがいいですね。

 

4.無理に食事を摂らない

風邪を引いたら食欲って落ちますよね。あれはなぜかというと、風邪のウイルスを退治するのにエネルギーを使っているので、食べ物の消化にまわすエネルギーはありませんよ、という身体からのメッセージなんです。ですので風邪を引いて食欲の無い時は無理に食事を摂ろうとせず、熱が収まって食欲が出てきてからで十分です。あとは発汗に対してきちんと水分補給をすることだけ気を付ましょう。

 

5. 湿度を50%に

ここまでだとただ水分取って寝ているだけ、という話になりそうですが、やっておくべきことはもちろんあります。それは【保湿】です。風邪のウイルスは湿度に弱い、ということで室内の湿度を50%以上に保つことで効果があります。これは予防にも効果的ですね。受験の時に泊まったホテルで、風邪の予防のためにお風呂にお湯を張って湿度を高くしてたなんて記憶、ありませんか?ちなみに私はよくやっていました。笑 湿らせたタオルを部屋に干しておくのも一つの方法ですよね。

 

風邪を引いてしまったら、まず考えなければいけないのは、その症状は身体がウイルスを退治するための必要な反応であるということです。あまりあれこれと薬や無理に食事を摂ったりせず、自分の身体を信じて、水分を摂ってゆっくり休むことが大事だということですね。もし風邪にかかったら、長引かせないことが先決ですので、焦らずしっかり治しましょう。

 

 

Yasu


PAGE TOP