改めて知っておくべき熱中症について

夏スマホ

もうすぐ8月、夏真っ盛りですね。オランダでも今年は30度を超える日が数日続き、日光が好きなオランダ人も部屋に籠っていたり、夜は寝苦しかったりと、少し過ごし辛く感じました。現在は気温も下がり、もうすぐ夏も終わりかー、なんて話していますが、日本は逆にこれからどんどん暑くなっていくことが予想されます。そんな時に気を付けたいのが、熱中症ですね。

既に各地で熱中症により搬送されたというニュースも相次いでいます。スポーツ現場だけでなく、屋内でも条件によっては発症してしまうため、決して油断はできません。

処置の遅れ次第では命にも関わるこの熱中症、是非知っておいて頂きたいことをまとめました。すでに知っているという方も、改めて確認してみてはいかがでしょう?

 

熱中症とは?

一口に熱中症といっても、その症状にはいくつかの種類があります。

【熱失神(軽症)】

立ち上がった時や運動中止直後に起こる、脳への血流が一時的に減少した際に起こるもの。意識が消失することもあるが、安静にしていればすぐに回復するとされています。

 

【熱けいれん(軽症)】

大量の発汗に対するナトリウム不足により起こります。水分だけを過剰に摂取すると起こりやすく、四肢や腹筋の筋痙攣が主な症状です。濃い目の食塩水の摂取や点滴が有効です。

 

【熱疲労(中等症)】

脱水と電解質(ナトリウムなど)の喪失により、循環不全に陥った状態です。身体のだるさやめまい、頭痛、吐き気があります。水分や塩分の補給が効果的ですが、吐き気を催す場合は点滴が必要になります。意識障害は見られませんが、蒼白な皮膚の状態や多量の発汗、弱くて速い脈が特徴です。

 

【熱射病(重症)】

過度の体温上昇により体温調節が破綻した結果、直腸温度は40度を超え、意識障害に陥る危険な状態です。応答の悪さや全身痙攣などの症状も現れます。健常者が激しい運動後に発症することも、幼児や高齢者が猛暑によって発症することもあります。速やかな病院への搬送、冷却処置が必要です。

 

応急処置は?

1.意識障害の有無

2.涼しい場所での水分・塩分補給

3.その後の経過観察

1.意識障害の有無

例えばスポーツ現場で、何か選手の様子がおかしいな、と思ったら意識障害の有無について確認しましょう。応答の鈍さや言動のおかしさ、意識消失が認められれば、迷わず医療機関へ搬送しましょう。上記の熱射病が疑われ、迅速な処置が必要となります。重症度によっては心肺停止状態も起こり得ますので、心肺蘇生法やAEDも扱えれば望ましいですね。

【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|心肺蘇生

 

 

【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動

 

 

2.涼しい場所での水分・塩分補給

意識に問題がなくても、体調に異変がある場合は無理をせずに休憩しましょう。涼しい場所で横になり、衣服を緩めたり、スポーツドリンクなどで水分と塩分の補給します。可能であればアイシング(氷や濡れタオルなどで冷やすこと)も行いましょう。吐き気などにより水分・塩分補給ができない場合は、医療機関での点滴が必要となります。

3.その後の経過観察

症状が改善しない場合、改善してもその次の日までは経過観察を怠らず、異常があれば医療機関へ搬送する必要があります。

 

予防するためには?

応急処置を知っておくことも大事ですが、予防措置をとることの方がもっと大事です。

熱中症予防のための運動・スポーツ活動可否の指針として、WBGT(暑さ指数)を用いた熱中症予防運動指針というものがあります。

※WBGTとは、気温・湿度・輻射熱から計算された数値で、熱中症のリスクの指針となります。

熱中症を防ごう – 日体協

 

 

また、WBGTを知る目安として、以下のサイトも参考になるかと思います。

環境省熱中症予防情報サイト

選手の安全のため、時にはスポーツ活動を中止することも、現実的に視野に入れておかなければいけないかもしれませんね。それほど日本の夏は、年々厳しいものとなっています。

 

最善の準備を

熱中症予防の指針がわかったとして、WBGTが高くなることも予想がついたところで、それでも大会やイベント等でそう簡単にスポーツ活動が中止できないこともあるかと思います(できれば迷わず止めていただきたいところです。子どもの場合は特に!)。

そんな時には、何か起こるという心構えを持って、応急処置や医療機関、AED等の準備を万全に整えて臨んで頂けたらと思います。出来る範囲内で最善を尽くすことが、最悪の状況を免れることにつながります。

また、先のブラジルW杯でもありましたが、給水タイムなど、可能な部分は少しでも臨機応変にレギュレーションを調整することも重要ですね。FIFAは今回のW杯で、WBGTが32℃以上では給水タイムを設けることにしていたそうです。

スポーツ現場には必ずしも医療関係者がいないこともあります。現状、日本国内ではトレーナーという肩書きが少しずつ浸透してきたとはいえ、そのような人物がチームや大会に帯同していない場合もあるかと思います。そんな時は指導者や保護者の方が対応することになります。何か起こった時にパニックにならないためにも、最低でも応急処置の知識は身につけておきましょう。

夏になると各地でニュースになり、一昔前と比べてもはや珍しくなくなってきた熱中症です。子どもに限らず大人でも、誰にでも起こりうることだと認識して、十分に気を付けてスポーツを楽しんでもらえたらと思います。

 

 

Yasu


PAGE TOP