【ノルディック・ハムストリングスエクササイズ】がサッカー選手のハムストリングスの怪我の予防に

ヨガマット

先日オランダで、あるトレーニングによってサッカー選手のハムストリングスの怪我の発生が減少した、というニュースが発表されました。

Oefening vermindert hamstringblessures bij voetballers – KNVB

 

 

ノルディック・ハムストリングスエクササイズ

そのトレーニングとは、【ノルディック・ハムストリングスエクササイズ】です。

トレーニング方法は、リンク先にも動画がありますが、トレーニング者は膝立ちになって、補助者が足首を抑えたまま、前方にゆっくりと倒れるというものです。このトレーニングでは、ハムストリングスに伸張性収縮を起こさせることが目的となっています。

 

怪我の発生が3分の1に

これまでもこのノルディック・ハムストリングスエクササイズとハムストリングスの傷害については各地で様々な研究がされてきました。今回の研究ではオランダ国内の40のアマチュアクラブに所属する選手619人に対し、2012/2013シーズンと2013/2014シーズンを通してオランダサッカー協会とユトレヒト大学メディカルセンターが共同で行ったものです。半数は一週間に2回のノルディックエクササイズを行い、もう半数は通常通りのトレーニングを行いました。

その結果エクササイズを行ったグループのハムストリングスの傷害件数は6件、もう片方の通常のトレーニングを行ったグループでは18件となり、発生件数が3分の1となりました。

 

予防のトレーニングとして

ハムストリングスの怪我はサッカー選手においては約10%を占める怪我です。肉離れなどは再発の危険性もあり、怪我をしたことでコンディショニング上、負荷の調整を考慮しなければならなくなります。何よりも怪我の予防は選手のコンディションを上げていくうえで最重要課題のひとつですから、今回の研究結果はそれに役立てていけるのではと思います。

残念ながら現段階では、どのようなトレーニングセッション(回数やセット数など)を行ったのかは明らかにされていないのと、その他のトレーニング内容の関係などもありますので、単純にこのトレーニングをやればそれだけで予防になるかといえば、それは難しいところです。どこかで詳細は発表されるのではないかと思いますので、またしばらくしたら探してみようと思います。

 

 

Yasu


PAGE TOP