サッカーと健康と親子仲

親子サッカー

photo credit: IMG_2163 via photopin (license)

 

オランダは今日も良い天気でした。

余りにもいい天気なもんだから(?)、在蘭日本人サッカークラブ【J-DREAM】では「親子サッカー大会」なんてものが開催されました。

こちらのクラブは私が普段からお世話になってる&コーチとしてお手伝いしているクラブなんですが、この親子サッカーはお子さんだけでなく、お父さん・お母さん方にも参加していただくというとっても愉快なイベントの一つです。

まさにボールを通じてコミュニケーションを取る、そんなイベントです。

 

<<サッカー経験者のお父さんも、そうでないお父さんも>>

最近はですね、お父さん方がサッカー経験者であることも珍しくないんです。

試合になるとなかなかのボール扱いを披露されたり、お子さん以上に熱くなられたり、この大会を通して子ども達は大人の本気を知る、そんなところもこの大会の目玉(?)だったりします。

もちろん経験者でないお父さんも、お子さんがやっていることをきっかけに、サッカーに触れていただくことが出来ます。

言うまでもなく主役は子ども達なわけですが、お父さん方にもサッカーを楽しんでほしい、これは願いとしてあるわけです。

 

<<身体を動かす充実感>>

中には最初から見るだけにしとこう、という方もいらっしゃるんですが、今回はそんな控えめなお父さんもジーパン姿で巻き込み、しっかりと汗を流していただきました(^^)

お父さん方のやりきった表情を見て思うのは、やっぱり運動って、やってみたらどなたでも清々しいと感じるものなんだなということですね。

私みたいな普段から運動(サッカー)ばっかしているような人間には、運動後のその感じは非常になじみ深い物なのです。

今回の親子サッカー大会でも、服装までばっちり決めて来られたお父さんには、そのような爽快感の経験があって「折角だし身体動かしとくか」という流れになったかと思います。

一方、最初は参加するつもりの無かったお父さんには、身体を動かすことに対するそういう印象っていうのはあまりないんじゃないかなと、ふと思ったわけです。

それを体験していただいただけでも、参加していただいた意義があるんじゃないかと思います。

もちろん、お子さんと一緒にサッカーをする経験も、言わずもがなですよね。

 

<<まとめ>>

父さん方の「やりきった感」溢れる表情が見られたので、これを機に身体を動かすことの楽しさを再確認していただけたかなと思います。

折角お子さんがサッカーをしているので、それに付き合いがてら一緒にボールを蹴って身体を動かす。

仲も深まり、しっかり汗もかいてスッキリ爽快、健康にもいい。

勝利を目指してプレーするのはサッカーの本質として当然ながら、そういう部分もオマケとしてくっ付いてくる、どっちかというとオマケの方を大事にする。

そんなサッカーのあり方もいいよねと思います。

次回はお父さん方の本気の格好での参加をお待ちしたいと思います。笑

 

 

Yasu


PAGE TOP