サッカー日本代表の正念場、コロンビア戦に向けて

日本サッカー

さあ、サッカーの祭典であるワールドカップも盛り上がってきましたね。私の注目しているチームのうち、オランダとアルゼンチンは早々に決勝トーナメント進出を決めました。流石です!

一方日本代表はというと、第一戦目の対コートジボワールで1-2の敗戦、第二戦目の対ギリシャで0-0のドロー。第三戦の対コロンビアが正念場となりました。ここでの勝利とコートジボワールの引き分け以下がグループリーグ突破への絶対条件です。

そんな日本代表のこれまでの戦いぶり、ザッケローニ監督の采配については様々な声がありますが、過ぎたことを言っても仕方ないですよね。そしてワールドカップに限らず何でもそうですが、物事の難しさというものは当事者本人にしか分からない部分があることも事実です。

ということで、ここでは批判は置いといて、これまでの代表戦を振り返ってみて、こういうプレーができればコロンビアを崩すことも不可能ではないんじゃ、という私の考えを書いていきます。せっかくオランダにいてサッカーを学んでいるので、オランダサッカーのやり方だと、こういう感じで解決していくんじゃないかな、という部分も合わせて考えてみたいと思います。

 

【外から中への動き】

いくつか気になったシーンがあった中で、日本の俊敏性を最大限に活かして、外から中に入っていく動きというのは、やはり日本の生命線の一つではないかと思います。

この外から中に入っていく動きの具体例のひとつは、相手のDFラインと中盤のラインの間で、サイドに開いた香川選手や岡崎選手が中に入ってくる動きです。この時の彼らのポジショニングの高さは1.5列目にあたり、ちょうどバイタルエリア(ペナルティエリアのすぐ手前)の高さで中央に切れ込んでくる動きです。単純にボールをもってドリブルを仕掛けるだけでなく、一旦ボールをトップに預けてそのまま中に入って来て、サイドにいたマークを置き去りにします。そうすると相手もセンターバックが前に出るのか、ボランチが下がるのか迷い、対応するのに一歩遅れが出ます。

このプレーが一人の単発ではなく、二人目、三人目と立て続けに動くことでDFを棒立ちにさせたり、ペナルティエリア前のDFラインをさらに後ろに押し下げさせてバイタルエリアを広げ、シュートチャンスを作ったりすることが可能になると思います。そこで日本特有の速い動きの中での正確な技術が発揮されれば、次戦もあるいは、と考えています。これまでの2試合では、この動きが圧倒的に少なかったと思います。日本代表の「自分たちのサッカー」を貫くのであれば、相手が引いていようとこのプレーのチャレンジが必要です。

 

【サイドを広く】

先に挙げた「外から中に人が連動して入っていく」ことで相手DFを崩す攻撃を、さらに成功率を高めるために、オランダサッカーではどのようにプラスアルファをするかと考えたとき、こういうことになるんじゃないかなと思います。もちろんオランダでもコーチによって解決策は異なりますが。。。

サイドを広く、というのは、両サイドの選手がもっとタッチライン寄りに張ってみましょう、ということです。そうすることでDFラインも横に広がらざるを得なくなるので、より中のスペースに余裕ができます。するとサイドの選手はもちろん、中の選手も自由度が増えますし、後ろからもバイタルに飛び込みやすくなると思います。

ギリシャ戦では特に顕著だったのですが、両サイドの選手がずっと中に入りっぱなしだったので、ギリシャのDFラインはペナルティエリアの幅よりもさらにコンパクトな状態に保たれていました。要は、攻撃の選手が中に固まっていたことは、ギリシャにとって守りやすい形だったということです。

相手がぎっしり詰まっている空間より、DF間の距離が空いている方が、攻撃の選手にとって走り込みやすいと思うのですが、いかがでしょうか?

 

【さらに言えば、ファーサイド】

ということで、一旦広くポジショニングをとって中のスペースを広げておいて、外から中へ一気にスピードを上げて中に入っていく動きが重要だというのが、私の考えです。もちろんパスやドリブルと連動して、です。今大会の日本代表では、この「自分が入っていくスペースをあらかじめ空けておく」という下準備が無く、相手DFの前でパスを要求していました。これではパサーもパスが出せないですし、パスが出ても簡単に相手に捕まってしまいますよね。

さらに付け足すならば、ファーサイドの選手が外に広がって立つことはコロンビアに対して有効なのでは、と個人的に思っています。というのも、コロンビアの対ギリシャ戦や対コートジボワール戦を見ていると、どうもDFがボールウォッチャーになる傾向があり、対戦相手のサイドの選手(特に右サイド)は簡単に視野から外れることができていたためです。

長々と書いてしまいましたが、なるべくシンプルになるように心がけたつもりです。「自分たちが広がることで、相手も広がる。そうして相手を広がらせておいてスペースを作り、そこに走り込む。」オランダサッカーはいつだってシンプルでロジカルです。

最近参加したピリオダイゼーションの講習会でも口酸っぱく言われました。「物事を考えるときは、まずはロジカルに考えることだ」と。

 

【守備よりも攻撃】

もう点を取って勝つしかなくなった日本代表は、ある意味、退場者を出して10人になったギリシャと似ているような気がします。「やるべきことがシンプルになった」という点でです。守備を捨てろとは言いませんが、相手のFWの人数次第ではDFを減らして点を取りに行く判断も必要です。

サイドの選手が広く外に立つ、というのは今の日本代表には選択肢としてあまりないようですが、それが無くても最初に挙げた「外から中の動き」を繰り返しやることで勝機は出てくるのではと思います。失敗しても何度でもチャレンジする、ということが自分たちのサッカーを貫くことにつながるのではと思います。諦めず繰り返すのがパワープレーになってしまうと困りますが。汗

また、コロンビアはギリシャほどドン引きはしてこないでしょうし、私は十分勝つ可能性はあると思っています。というかここまできたら期待したいと思います。だってサッカーは期待してワクワクしながら観た方が面白いですから!

オランダ時間では24日22時、日本時間では25日5時キックオフですね。期待して応援しましょう!

 

Yasu


PAGE TOP