オランダ人チームが凸凹ピッチでサッカーするとこうなる

irregular surface

photo credit: FLIKR_0533 via photopin (license)

 

先々週はイースター連休を利用して、フランスのトゥールーズという街へ国際トーナメントに参加しに行ってきました。

規模はそう大きなものではなく、フランスのクラブが7つ、スペインのクラブが2つ、そしてオランダからFCユトレヒトが参加して計10チームでおこなわれました。

食事や宿舎のオーガナイズはそう悪くはなかったのですが、なんといっても大変だったのがピッチ。

予選はサッカーピッチですがかなり凸凹。

決勝トーナメントに行くと今度はラグビー兼用ピッチになりさらに凸凹。

そして決勝戦はやっぱりラグビー兼用。

トゥールーズはラグビーが盛んな街らしいです。なんか納得。

左サイドバックにのプレーエリアにはモグラが出てきたんじゃないかという穴が。汗

ということで今回は、普段は人工芝や割ときれいな天然芝ピッチでやってるオランダ人のユース選手が凸凹ピッチでサッカーをすると、いったいどうなったのでしょうか?というお話です。

 

≪ケガ多発≫

初っ端からまじめに困った話なのですが、凸凹のピッチでプレーすると何もなくてもケガをする選手が続出。

足首の捻挫が3件も出ました。

GKに至ってはパントキックの蹴り足を地面に付いた瞬間に捻るという。

幸い大事に至るケガはありませんでしたが、僕はもう勘弁してほしいですね。汗

大量にテープ持ってきてよかったです。

 

・・・これはオランダ人とか関係ないですね。

皆さん、ピッチには気を付けましょう。

 

≪ポゼッション放棄≫

試合中は地面が凸凹すぎて、どう蹴ってもパスがなかなかまっすぐに届かない、という事態が発生しました。

まあもともとそこまで足元の技術が抜群の選手ばかりではなかったので、仕方ないかなー、とベンチもこれに関しては半分あきらめムード。

そこで一試合目から選手が自分たちでいつものポゼッションを放棄して、裏へのロングボール主体に変更。

スペースに出すからちょっとぐらいずれるのも想定内ですね。

まあ、えらいもんでベンチから何も指示が出なくてもチーム全体がそういうプレーに自然となったり、セカンドボールに対応しやすいようにポジションを微調整したりと、ここら辺はさすがだなと思いました。

 

≪改めて足元の技術があらわに≫

いくらロングボールを中心にプレーするといっても、さすがにノートラップやショートパスなしではいられないわけです。

ただトラップしようとすると、ボールがイレギュラーするのもあって、技術がなければ3回も4回もボールに触ることに。

これではせっかくの良いポジショニングも水の泡ですね。

あっという間に相手に寄せられて奪われる、逆もしかりで奪い返す、という何とも落ち着かない展開になっていきました。

どう収拾つけるねんこんな試合、と思っていた中、際立ったのが一部の足元技術高レベル組。

特に普段リーグ戦ではサブですが止める・蹴るが抜群のMFの選手はこれでもかとばかりに躍動。

ほぼすべて止めて蹴るのツータッチでボールをさばき、際立っていました。

レギュラー組よりも全然うまい。

特にこういうグラウンドでは、グラウンダーのパスを成立させるためにはショートでもきちんと強いボールを蹴らないと簡単にイレギュラーしてしまいます。

そんな中、彼のパスは低く、強く、ちゃんと味方の足元に届いていました。

さすがだなー、アイツはあとちょっとのポジショニングとスピードなんだけどなー、と監督も残念そうでした。

監督もリーグ戦で使いたかったんでしょうけど、足元の技術だけでは評価はされない、公式戦では戦えない、ということですね。

 

≪まとめ≫

そんなこんなで激闘(?)を戦い抜いたトーナメントは、決勝戦でPKまでもつれ込み、GKのファインセーブ2回で優勝を決めました。

この選手たちの世代は初タイトルじゃないかな。

大会のレベル自体は普段のリーグ戦と比較するとそこまで高いものではありませんでしたが、全く違う環境とプレースタイルのなかで戦ったことは、普段得られない経験にはなったと思います。

自分たちの得意な形が出せない中でいかにプレーするか。

いつもリーグ戦で同じスタイルの相手と戦っていては得られない経験でした。

そもそも、そうやって経験値を上げることが今回のトーナメントの目的でもありました。

アクシデントが多くてケアは大変でしたけどね。まだリーグ戦7試合くらい残ってるし。汗

ただ、そういった意味で選手だけでなくスタッフも環境に臨機応変に対応することを求められた遠征でもあったので、チーム全体のレベルアップには間違いなく繋がったと思います。

 

 

Yasu


PAGE TOP