運動神経の良さに関連する「コーディネーション」という能力

あん馬・青

コーディネーションという言葉も、近年ではあまり珍しくなくなってきました。筋力トレーニングやスタビリティトレーニングと同様に、一つのトレーニングすべき分野として注目されています。さまざまなスポーツで必要とされるコーディネーションについて、まずは基本的な部分からまとめていきたいと思います。

コーディネーションとは?

さて、ではコーディネーションとは具体的にどういうものでしょうか。そもそも運動というのものは、中枢神経、末梢神経、筋肉、関節の活動の調和によってもたらされる現象です。そのうえでコーディネーションというのは、適切な力加減とスピード、方向性によって運動を効率よく効果的に行う能力のことを指します。一般的に身のこなしがよい、運動神経がよいとされるのは、このコーディネーション能力が高いためだと言われています。

 

コーディネーション能力の分類

さらにコーディネーション能力は7つの種類と内容に分類されます。

【1.定位能力】

絶え間なく、動いている味方、相手、ボール並びにゴールあるいはネットとの関係で、自分の身体の位置を時間的・空間的に正確に決める、いわば情報処理能力

【2.変換能力】

プレーが経過している最中に(例えば相手をかわしている時)、突然知覚した、あるいは予測した状況の変化に対して、動作を切り替え、予測・先取りする能力

【3.連結能力】

タイミングを合わせ、程よい加減で緻密な行為をするために、身体の各部位を正確に、無駄なく同調させるコンビネーション能力

【4.反応能力】

予期された信号、あるいは予測しなかった情報(例えばそれたボール)に対し素早く反応する能力

【5.識別能力】

ボール操作や、個々の技術・戦術的行為を空間的・時間的かつダイナミックに繋ぎ合わせる能力

【6.リズム能力】

リズムを作ったり、真似したり、さらには決定的なタイミングをつかむ能力

【7.バランス能力】

空間や移動中における身体バランスを維持し崩れを素早く回復する能力

(参考文献:アスレチックトレーナー専門科目テキスト⑥)

スタビリティとの関係

以前、スタビリティについてこのブログでもご紹介しました。

安定した動作を可能にする、スタビリティとは?| フットボールノコトバ。

 

 

 

そこで、スタビリティを構成する要素の一つとして、神経的システムの関与がありました。実はこのスタビリティとは、コーディネーションを構成する能力の一部なのです。関節を正しい位置に安定させておくのがスタビリティであり、関節が正しい位置に無ければコーディネーションを発揮した運動は出来ない、ということです。適切な力加減とスピード、方向性によって運動を効率よく効果的に行うためには、各関節のスタビリティが前提条件となります。考えてみればごく当たり前のことなのですが、プレーする時に体幹部分が左右にふらふらしていると、体を動かすためのエネルギーが左右に逃げてしまい、切り返し動作などの際に効率の良い動きなんて出来ませんよね。

 

サッカーとコーディネーション

それでは、このコーディネーションがサッカーとどのように関係してくるのでしょう?

まず試合中のプレーひとつひとつのクオリティに関わってきますよね。ボールを正確に蹴ることだって、コーディネーション能力が可能にしている技術です。

プレー以外だと、怪我にも関わってきますよね。コーディネーション能力が失われたとき、例えばバランス能力が失われた時に、関節はその崩れたバランスを立て直すことが出来ずに捻挫等の関節系の怪我につながってしまいます。

この怪我との関連、怪我からの復帰におけるコーディネーション能力の関与は、もっと深く調べ、考える必要がありそうです。ですので、また別の記事で書きたいと思います。

 

 

Yasu


PAGE TOP