チームでの自分の役割は、どんな試合でも誰よりも集中することから

歯車

昨日、FCユトレヒトU14/U15の混合チームのトレーニングマッチがありました。

彼らは毎週公式戦を土曜日に戦っているのですが、時にその公式戦に十分な時間出られないことがあります。

その理由は様々で、例えば公式戦では育成目的であっても、勝利が要求されます。

そのためメンバーが固定化されてしまう傾向にあることも現実としてあります。

また、単純に体調不良などで当日プレー不可な状況だった、ということもあります。

そのような選手向けに今回のトレーニングマッチが組まれました。

とはいえ、このパターンはシーズン通してそう多くあることではありません。

出場時間の少ない選手のためとはいえ、全てのポジションでそう上手く選手が揃うこともありませんから、空いたポジションはすでに土曜日に70分フルで出場した選手がプレーすることになります。

中二日で試合をプレーすることは疲労の蓄積につながりかねませんので、今回のトレーニングマッチも苦渋の決断だったようです。

 

結果は圧勝。得るものはきっとあった、はず。

今回のトレーニングマッチの相手は、年代は同じU15ですが、一つ下のレベルのリーグを戦っているチームでした。

負けはしないだろうけれども、課題の見つかる試合になることを期待して組まれたようです。

ところがフタを開けてみると、前半8-0、後半にはさらに10得点を重ね、18-0の圧勝で終わりました。

まさかここまで力の差があるとは、とコーチ陣も驚いていました。

一つリーグレベルの下のチームからトレーニングマッチの相手をを選ぶのがこのユースでは当たり前になっていたので、この結果は予想外だったようです。

あまりに簡単に点が取れていたのでちょっと心配にもなりますが、きっと選手たちは何かしらを学んでくれたことでしょう。

 

どんな試合だろうと、気は抜けない

さて、そんなFCユトレヒトが押せ押せの試合展開をしている中、ベンチはもう楽勝ムードでコーチや控えの選手たちも冗談を言い合う空気に。

さすがに仕方ないかなと思っていると、普段から明るいコーチの一人が

「おいYasu、怖い顔してるぞ、楽にしろよ」

と話しかけてきました。

そんな顔をしていたつもりはないのですが、

「うん、でも気は抜けないよ。どんな試合でも、怪我が起こらないと言い切れる試合は無いから」

と返しておきました。

相手は「そうか」と、納得してくれたようです。

このベンチでこの真面目さは浮くな、と自分でも思いましたが、笑わないでちょっとだけ真剣な顔に戻ってくれたので、少しホッとしました。笑

話を戻します。

どんな試合でも、たとえ逆転される見込みのないほどに点差が開いたとしても、絶対に怪我が起こらないとは言い切れません。

予期せぬ接触で怪我をするかもしれませんし、ボールと何も関係の無いところで怪我が起こるかもしれません。

だから、ひとたびメディカルスタッフとしてその試合に臨んだ以上は、どんな試合だろうと気を抜かないようにしています。

スタッフの言う怖い顔をしていたのも、いつ怪我が起こるか、起こるならば、なるべくその瞬間を見逃さないように、という気持ちでピッチを見ていたからだと思います。

 

怪我の瞬間を見逃さないように

あまり一般的に知られていないことですが、メディカルスタッフにとっては、怪我の起こる瞬間を見ているのといないのでは大きな違いがあります。

何が起こったか、身体のどこに、どのように、どの程度のエネルギーが加わっているか、というのは怪我の評価のためには大事な情報です。

プレー続行可能かどうかを判断するのにも大きく役立ちます。

怪我の発生を見た瞬間、監督に交代の可能性を告げる時もあります。

だからこそ、僕にとってメディカルスタッフとして臨む試合に、楽ができるものは一つもありません。

選手の状態を眼で追っかけすぎて、スコアも誰が点を取ったのかもちゃんと覚えていないこともしばしばです。笑

そのせいで選手に

「ちゃんと試合見てた?」

とからかわれることもありますが、まあ、これでいいんだと思います。

 

 

Yasu


PAGE TOP