2013年の締めくくりに。改めて見つめ直した自分の夢

football

2013年も残すところあとわずかになりました。日本では2014年までもう間も無く。オランダはまだ16時ですのであと8時間といったところです。

今年を振り返る上で欠かすことのできないのが、今年誕生したこのブログです。

なぜこのブログを作ろうと思い立ったのかを語るには、私の夢の話をしなければなりません。2013年は特に、自分がどうなりたいのか、という事と深く向き合った一年でした

このブログのAboutページにも書いていますが、私が人生をかけて叶えんとすべく日々精進し続ける、その原動力となる夢は、「日本サッカーが強くなるために、そしてサッカーを好きな全ての人が楽しんでサッカーが出来るように、メディカルの分野から生涯を通してサポートし続けること」です。

ABOUT

もちろん、自身のキャリアを積み上げたいという気持ちはあります。ビッククラブに所属し、チャンピオンズリーグを戦えるようなチームの一員として、そこで頂点を取るという結果が残せれば、これ以上の栄光は無いでしょう。ですがその一方で、私がなぜこの道に進もうと決めたかということを思い出すと、少し違った答えが出てきます。

 

【怪我でサッカーが楽しくなくなっている人へ・・・】

それは、サッカーを楽しむ人達の力に少しでもなりたい、という想いです。カテゴリは関係なく、サッカーは本来楽しいもので、そこには笑顔があるべきです。ところが怪我によって、サッカーを楽しめないでいる人は大勢います。私も自身の身体で幾度となく経験してきました。

プロであろうと、アマチュアであろうと、草サッカーであろうと少年サッカーであろうと、そこにサッカーをする人がいれば、その人たちの笑顔のために自分が力になれることがあるはずです。

私はメディカルスタッフとしてまだまだ修業中の身ですが、私がこれまで身につけてきたこと、これから身につけていくことをそういった人達のために役立てていきたいです。

そしてそれは日本サッカーの発展とは切っても切り離せないことだと思います。サッカーを楽しむ人が増え、サッカーがより身近になることは、日本サッカーが世界においてより高いレベルへと向かうためには必要なことです。

何かを達成すれば終わり、というわけではなく、これは私の人生を通してずっと続いていくことです。

 

【理想へと挑戦する覚悟】

この理想の実現はもうこの瞬間から始まっています。もちろん環境や立場で優先すべきことは他にも出てくるでしょう。ですが、そのなかで自分のベストを尽くせるようにあがくことが大事です。その時、その場所で自分が必要とされ、自分にそれを成す力があるのであればそうすべきです。

まだまだ未熟な私の理想です。この理想を実現し続けるために、これからやりたいと考えていることは山程あります。無駄に手を広げす、自分のできる範囲に手を伸ばすことを留めておくことも賢い選択の一つなのかもしれません。ですがこの期に及んでまだ手放せない理想は、捨てるべきではなく必死に手繰り寄せ続けるべきだと思うのです。日本で持った志があって、オランダに来ていくつもの挫折とちょっとの成功があって、それでも手放せずに私の中に残っているこの理想と、覚悟を持って向き合おうと思います。

 

【理想を実現するためのブログ】

2013年はこの私の夢を実現していく手段の一つとして、ブログを書こうと思いつきました。まだまだ日が浅く充実した内容とは程遠いですが、日々いろいろな情報が入ってくるなかで、その情報を少しでも自分の物としていくために、このブログはあります。情報はアウトプットしてナンボです。私は毎回記事を書くために小一時間頭をひねります。自分はなぜそのことを書こうと思ったのか、そこからどう考えたのかを書き出し、自分の考えを整理していきます。夢を実現するための方法はまだまだ模索中ですから、このブログを書くというプロセスを通して何かきっかけがつかめればいいなと思っています

2014年はこのブログとともに、私の理想実現のために邁進していこうと思います。

それでは皆様、良いお年を!

 

Yasu


PAGE TOP