【まとめ】膝前十字靭帯の損傷とか手術とかリハビリとか復帰とかいろいろ

2017年5月6日

 

photo credit: Airsoftpal.com Health & Fitness via photopin (license)

 

オランダは夏時間になりました~。時差は7時間(2017/3/28現在)

日本が先でオランダがあとです。よく聞かれるから一応ね。日出ずる国!

急に夜が一時間短くなるから、シンプルに一時間分寝不足だよ!

日本代表の試合もド昼間なので観れないよ。そもそも観る方法が無いよ、と思っていたらYoutubeにAFCがLive流してたけどこれはオフィシャルかな?

でも結局仕事だから観れないよYasu@yasuhiradeですこんにちは。

 

最近なんだか前十字靭帯ブログと化してきたので、ここらでまとめページを一つ作っておきます。

過去の記事を振り返ってみるといろんなACLネタを書いていて、思えば遠くへきたもんだ。(そうでもない)

カテゴリごとにね、ちょっとずつアップデートしていこうかなと思います。

 

≪前十字靭帯とは?≫

何はなくとも基本からいきます。

と思ったら解剖系の記事を書いてないことに気づく。見落としていたぜ。

まあそこはComing Soonとしておきます。とりあえず筆はまとめ記事のほうに向いているので、筆の赴くままに書きます。

前十字靭帯損傷がサッカーで発生する頻度

UEFAがまとめた前十字靭帯損傷に関するデータを紹介しています。なかなか長期にわたったデータですので、信頼性はあるかと思います。

 

≪なぜ前十字靭帯が損傷してしまうのか?≫

そもそもなぜ、前十字靭帯が切れてしまうのでしょうか?

サッカーを何十年もしていても、全く怪我をしない人もいないし、かといえばサッカー人生において何度も怪我をしてしまう人もいます。

その原因は、果たして生まれつきのものでしょうか?運でしょうか?それとも他に原因があるのでしょうか?

まずは動きのほうから迫ってみましょう。

前十字靭帯が損傷してしまうシーン3選

損傷のシーンをビデオで振り返りながら、最も損傷に繋がったパターンを3つにまとめてあります。

 

そして、疲労が原因で前十字靭帯を損傷してしまったと思われるサッカー選手3例をご紹介します。そりゃ身体も壊れるやん、という状況もあって、他人事ではないなと感じます。

前十字靭帯VS疲労!

1週間に複数の試合を行った選手に起こったこと。さすがにやりすぎかな。

前十字靭帯VS疲労!2nd Half!

別のリハビリから復帰後の出場時間に問題があった例です。

前十字靭帯VS疲労!3rd Half!

開始6分で前十字靭帯が損傷した例。何が原因なのか、考えさせられる例です。

 

≪前十字靭帯損傷後のリハビリ。治療台からピッチまで≫

前十字靭帯損傷のリスクとなる要因は様々なところで議論されていますが、今僕のようなセラピストが早急にサポートしなければいけないのは、今まさにピッチへと戻ろうと頑張っている選手です。

そのためには、どうすればいいのでしょうか?

 

リハビリA to Z!前十字靭帯再建術後からのリハビリプロトコル

前十字靭帯損傷後は、手術によって靭帯を再建するのがスポーツ復帰へのスタンダートとなりつつあります。リハビリはどのように行っていくのか、流れを知っておきましょう。

 

切れたら繋ぐ!前十字靭帯損傷後の新手術

これはまだまだホットなニュースでしょうか。従来は他の筋肉の件の一部を使っていた前十字靭帯の手術ですが、そもそもきれた靭帯同士をくっつけちゃえ、という手術です。あとはこの技術がそれだけ復帰を早めたり、再発防止につながるのか、さらなる研究が待たれます。

 

前十字靭帯のリハビリっていつ終わったらいいの?最低限守るべきスポーツ復帰の基準

リハビリを最終段階まで進めていっても、いざスポーツに復帰したら痛みが出たor膝の他のところが痛くなった!ということはあるあるです。

どうしても一定の基準をバシッと決めるのは難しいところですが、それでもこの辺は最低限クリアしといたほうがいいよ、というのを紹介しています。

 

【理由は不明】前十字靭帯損傷から4か月で復帰してしまったサッカー選手

【悲しい結末】前十字靭帯損傷から4か月で復帰してしまったサッカー選手2nd Half

番外編。前十字靭帯は手術後、日常生活なら6ヵ月、スポーツ復帰なら9~12か月は必要とされています。それは再発や他の怪我との関連から各専門家が名言していることですが、時々びっくりするスピードで復帰する選手もいます。

いろいろな事情があるんだろうなと察しますが、より良い方向に転がってほしいなと思います。

 

≪どうすれば前十字靭帯損傷の予防できるのか?≫

Coming Soon!◀うるさい

 

まとめ

今回は前十字靭帯損傷というテーマで自分が書いた記事をまとめてみました。

この怪我はサッカー界でももはや珍しい怪我ではなくなってきています。今シーズン、Jリーグでも多数の受傷者が出ています。

僕らにできることといえば、少しでも早く復帰できるよう、リハビリのクオリティを上げていくこと。予防のプログラムを作っていくこと。

目の前の選手に全力を尽くすことがまず第一でしょう。

 

そんなカンジです。おしまい。


PAGE TOP